グローバルリンクマネジメントの特徴まとめ!口コミやメリットも紹介します

グローバルリンクマネジメントの特徴まとめ!口コミやメリットも紹介します

皆さんは『グローバル・リンク・マネジメント』という会社をご存知ですか?

数ある不動産投資会社の中でも、東証マザーズに上場している数少ない企業で、会社としての実績も豊富です。

特徴や口コミなどをご紹介します。

 

グローバルリンクマネジメント公式サイトはこちら

グローバルリンクマネジメントとは?

 

会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト14F
大阪支社・営業所所在地 なし
設立年 2005年3月(平成17年)

 

グローバルリンクマネジメントの特徴

開発から管理までワンストップ

グローバル・リンク・マネジメントでは販売だけでなく、開発から管理までワンストップでサービスを提供しています。それぞれ外注によるコスト等を押さえられると共に、開発段階から販売、管理を見越した商品設計ができます。

運営物件は99.85%と高い入居率

サブリース契約は運営元が立ち行かなくなり、万が一倒産となると、オーナーはサブリース会社から入居者を引き継いで自分で運営していかないといけなくなります。しかし、グローバル・リンク・マネジメントの入居率は驚異の99.85%。オーナーもサブリース会社(グローバル・リンク・マネジメント)も高い利益を得ているから長期間安心して管理を任せることができます。

業界トップクラスの提携金融機関数

不動産投資は金融機関から融資を得られるかどうかが大きな関門となります。グローバル・リンク・マネジメントではそのことをよく理解しており、多くの金融機関と提携を結んでいます。提携先の金融機関はグローバル・リンク・マネジメントについて高い評価をしますし、オーナーはサブリース契約により家賃保証を得られることから金融機関は安定性が高いと判断しやすいという特徴があります。

 

グローバルリンクマネジメント公式サイトはこちら

グローバルリンクマネジメントのメリット・デメリット

メリット

入居者ニーズの高いエリアで自社マンションを開発している

賃貸需要や資産価値の高い東京23区内で自社ブランド「アルテシモシリーズ」の開発・分譲を行っています。さらに、安定した家賃収入を見込める効率の良い資産運用の方法や税金対策など最適なアドバイスの提案も実施。将来を見据えた長期的なライフプランニングの作成をサポートしてもらえるのも、初めての不動産投資を検討している方におすすめのポイントです。

空室リスクを回避するサブリースシステム

グローバルリンクマネジメントが入居者となって部屋を借り上げるサブリースシステムが用意されており、空室のリスクを抱えずに済むメリットがあります。サブリースシステムは最大35年間の利用が可能。通常は2年ごとに家賃見直しを行うところ、グローバルリンクマネジメントでは7年ごとの見直しとなっています。さらに見直しの金額幅は下限5%以内となっており、大幅に家賃収入が下がらないのも安心できるポイントです。

デメリット

セミナーに参加した後の営業電話が多い

口コミの中には、営業電話が多く、かけないでくださいと言ってもかかってくると言った声もありました。

 

グローバルリンクマネジメントの口コミ・評判まとめ

気をつけるべき不動産の特徴が1日でわかった。(年収500万円 / 公務員女性32歳)
他社のセミナーにも何回か行きましたが、自社の不動産投資の良い点ばかりを話すことが多かったです。グローバルリンクマネジメントさんのセミナーは不動産投資のデメリットや気をつけるべきポイント等、基礎的なところからしっかり説明してくれたため大変勉強になりました。講師はその時は女性の方でしたが、セミナー後に質問したところ親身になって相談に乗ってくれたのも好印象でした。

公式サイトより引用

 

さすが入居率99%以上の不動産会社

私は既に他社で二部屋所有していましたが、利回りを重視して一般管理にしてしまい空室期間が長く続いたりと苦戦しておりました。日本で唯一の7年更新サブリースがなぜ実現できるのか非常に興味があり参加させていただきましたが、セミナーで話を聞いて納得しました。はじめからグローバルリンクマネジメントさんで購入しておけば。。と正直後悔しています。

公式サイトより引用

まとめ

いかがでしたか?

グローバルリンクマネジメントには、無料の不動産投資セミナーもあります。

不動産投資の全体像を60分間で理解でき、初めて聞く方にとってはかなりわかりやすい内容となっているようです。

興味がある方は、まずはセミナーを利用するのもいいですね。

 

グローバルリンクマネジメント公式サイトはこちら