入居者自身が次の入居者探しのお手伝い!?話題の「RoomPa」について

入居者自身が次の入居者探しのお手伝い!?話題の「RoomPa」について

コロナ禍の影響もあって厳しい現状が続く入居者募集に、新しいスタイルが登場しました。

今住んでいる人が新規入居希望者に直接お部屋を紹介してくれる賃貸物件情報サイト「RoomPa(ルムパ)」です。

現在の入居者にとっては、物件退去前のちょっとしたお小遣い稼ぎになるというこのサービス。オーナーとしてはどのように関わってくることになるのか、その仕組みを聞いてみました。

RoomPa公式サイト

現入居者が物件情報を登録し
次の入居者が決まったら紹介料をゲット

「RoomPa」は引っ越しを検討されている人(以下、現入居者)が、現在自分が住んでいる物件を新規入居希望者に紹介できる不動産賃貸CtoCプラットフォーム。

まず現入居者が、情報サイトRoomPaに個人の属性情報と物件情報を登録し、新規入居希望者に物件に係る情報を提供します。

新規入居希望者から質問があれば、サイト上のチャット機能などを通じて現入居者が対応。登録した物件に新規入居希望者の入居が決まったら、現入居者に家賃1ヶ月分のうちの25%が情報提供の報酬として支払われる仕組みです。

引越しに関わって出費がかさみがちな、現入居者にとってはうれしいサービスと言えるでしょう。

最新物件情報をいち早く入手しオンラインで契約
新規入居希望者にもメリット

現入居者は不動産会社に退去連絡をする前に、物件情報を「RoomPa」に登録するため、結果として新規入居希望者は他社ポータルサイト上にはない物件情報を手に入れることができます。サイトに出ていた物件を求めて不動産会社に行ったら、その物件はすでに入居者が決まっていた、という事態も避けらます。

現入居者は、紹介料獲得のため、より詳細で質の良い情報提供を行うと考えられるので、新規入居希望者にとってはそれもメリットです。チャット機能での直接コミュニケーションをとりながら、住んでいたからこそ分かる物件や周辺環境の情報をもとに賃貸物件を比較検討することもできます。

さらに、気になる設備、箇所(家具配置や収納など)の写真撮影や計測を現入居者が代行するため、内見が必須ではなくなります。オンライン上で物件探しが進められるのは、時間のない人や、遠方からの引っ越しの際にも便利でしょう。

実際の契約は指定の仲介会社
オーナーの立ち位置は変わらない

個人的にはこのルムパ。突っ込みどころが満載のサービスだと思いますので、いくつか挙げてみたいと思います。

まず、このホームページのどこを見ても、部屋のオーナーや管理会社さんについての記述がありません

このような行為をオーナーや管理会社の許可なく行って良いのか。現状の家賃を入力する欄がありますが、家賃の決定権はオーナーにあるのに勝手に決めて良いのか。

では、実際の契約はどうなるのか。新規入居希望者が現入居者から情報収集しながら最終的に入居物件を決定すると、その先の賃貸契約は、基本的にはサービス側が指定する仲介業者を通して行うことになります。

利用者から見えるサービスの裏側では、その仲介会社から管理会社やオーナーに連絡し、新たに媒介契約を結ぶ形です。タイミングの差はあるが、現在の仲介会社との契約が一般媒介契約であれば、オーナーの立ち位置に変化はないともいえます。

では、専任媒介や専属専任媒介契約の場合はどうなるのでしょう。その場合は、新規入居希望者の情報は専任媒介・専属専任媒介契約のある仲介会社に提供されます。

ただ、紹介を受けないという判断をする会社もあり、その場合は、利用者側から見ると、物件情報を登録したがサービスの利用ができないというケースは起こりうる。そこはサービスサイトにも「一部の物件は…」と記載されている通りです。

デメリット

◆登録が面倒で、心理的抵抗も大きい

部屋の登録作業は、かなり面倒くさいです。

細かい数字やスペックを何画面にも渡って入力していきますが、普通はこの写真の登録のところで挫折するのではないかと思います。

こういう作業を毎日やっている賃貸仲介会社のスタッフさん、いつもありがとうございます。

 

そして作業的な面倒くささもさることながら、居住中のトイレやお風呂の写真をネットに載せるって、普通の感覚だと相当な抵抗がありますよね。

せいぜい数万円の手数料を得るために、ここまでの作業を完遂できる人はかなり少ないのではないかと思います。

◆保有物件でルムパを利用されたら・・?

自分の所有物件で入居者さんがルムパを利用し、次の入居者を決めてくれた場合の対応をどうするか考えてみました。

まず、一棟もの物件の場合は全て管理会社さんに専任媒介で仲介をしてもらっているので、そこを通してもらうことになります。賃貸借契約書は統一しており、それを使わない契約は認めません。

 

お金のやりとりはケースバイケースです。広告料を多めに出しているので、管理会社さんの善意でルムパ指定の業者さんにも手数料を入れることはできるかもしれません。

ただし、退去前に次の入居が決まっているので、どうしても原状回復などのクオリティは下がるでしょう。バリューアップを予定していたとしても、実施は「その次」になります。

RoomPa公式サイト