投資で後悔しないためにまず読むべき!太陽光投資「スマエネ」についてご紹介

投資で後悔しないためにまず読むべき!太陽光投資「スマエネ」についてご紹介

太陽光投資を始めようと考えた時、重要となるのがどのサイトで投資物件を探すかと言う点です。太陽光投資物件サイトは一見同じように見えても、詳しく調べてみると物件数や検索性など様々な点で違いがあります。

物件の選択肢が少ないサイトや検索性の悪いサイトを利用してしまうと、良い投資先と巡り合うチャンスを逃してしまうかもしれません。あなたに適した投資先を見つけるためにも、まず便利な太陽光投資物件サイトを選び抜く必要があります。

数ある太陽光投資物件サイトの中で特にお勧めしたいのが、スマエネです。スマエネと他の太陽光投資物件サイトを比較しながら、そのメリットについてチェックしていきましょう。

スマエネとは

スマエネは、物件数が業界No.1の太陽光投資物件検索サイトです。

スマエネは、土地付き太陽光投資物件を探している方に、100社以上の施工会社物件の中から、

より希望に合う物件を、中立的な立場で紹介するサイトです。

 

現在の取り扱い物件数は業界最大級で紹介可能物件数は1000件以上あります。

 

株式会社FAプロダクツの概要
商号  :株式会社FAプロダクツ
代表者 :代表取締役会長 天野 眞也、代表取締役社長 貴田 義和
所在地 :東京都港区新橋5丁目35番10号 新橋アネックス2階
事業内容:「スマートファクトリー構築支援サービス」
     「スマートエネルギー導入支援サービス」の企画・開発・提供
公式サイトはこちら

スマエネの特徴

掲載している太陽光投資物件数

掲載している太陽光投資物件の数は、サイトを選ぶ上で非常に大切な点です。物件数が多ければそれだけ良い投資先の選択肢も増えますし、複数の物件を比較しながら検討しやすくなります。

検索性に優れている事が前提条件ですが、物件の数が多いに越した事はありません。スマエネは現在2000件を超える物件を掲載している太陽光投資物件サイトです。

他者のサイトと比較すると4.3〜5.6倍と言う数字となっており、いかに多くの投資物件を見る事が出来るのかが分かります。

80社以上の太陽光物件から「中立な立場」でアドバイス

他社は物件紹介会社に「つなぐのみ」でアドバイザーとしての役割はありません。
そのため、物件保有会社からデメリットを伝えられないまま購入している方もおります。
弊社は他社とは異なり、「ほけんの窓口」のように「中立的な立場」で物件のご紹介しています。
そのため、デメリットのご説明も含めて投資家にあった最適な物件のご紹介が可能です。

業界初の実質利回り(≒税引前収益)を掲載

実質利回りとは、年間の経費なども差し引いた利回りです。
投資家は実質利回りを計算して、投資するかの判断をしているため、
投資家の立場に寄り添った情報を掲載しています。

太陽光発電投資は、発電システムの導入から20年間、固定価格買取制度により一定価格での買い取りが保障されている投資です。

スマエネの「物件を探す」に掲載している物件情報では、運用にかかる具体的なコスト・収入をシミュレーションシートにまとめて、どれほど利益を得られるのか解説しています。

希望する価格・利回り・立地を入力するだけで、理想に近い物件をピックアップできるので、本記事とあわせてご参照ください。

スマエネのメリットデメリット

メリット

20年間の定額買取」が保証されている

実は、固定価格買取制度により、太陽電池パネルで発電した電力は20年間の定額買取が保証されています。

ここは安定した収入が望めるという最大のメリットではないでしょうか。

この間は利益率の変動がほとんどありません。

副業として始める人が多いですが、本業に従事している間にも、休日でも収入を得てくれる存在がパートナーとなるわけです。

FAプロダクツによれば、その利回りは平均すると約10%となるそうです。

「老後が気になるけれど、投資で失敗するのは怖い」、そう感じている人にとっては大きな安心感をもたらしてくれる買取制度です。

入居率や市場動向に関する心配がない

マンションへの投資なら、入居率が高い物件選びをしなければならなかったり、将来その土地に価値があるかどうかを予想したりする必要が出てきます。

しかし、太陽光投資ならそのような分析は不要です。

発電した電気を電力会社に売却するという性質であるからこそ得られるメリットです。

不動産投資を始めてからもずっとデータを意識しなくてはならないわけではなく、太陽がある限り動いてくれる投資になります。

デメリット

収益は天候に左右される

太陽光投資の一番のデメリットは、収益が天候に大きく左右されることです。

天候は人の手でコントロールすることができないため、そこは神頼みとなります。

物件を選ぶ際には、日当たりが良く、日照時間が長い場所が良いとされますから、そこをいかにして選ぶかがポイントになってきます。

日本は雨が多い国ですが、どちらかというと一度にまとまって降る国です。

雨のイメージが強いイギリスのように、天気が一日でコロコロ変わる国というわけではありません。

四季がはっきりしており、梅雨の時期も把握できています。

このように、太陽光投資は物件がある地域の気候をよく知った上で始めるべき投資です。

月によって収益にバラツキがあることをわかった上で始めなければ失敗にもなりえます。

固定買取終了後の買取価格が保証されない

20年間の安定した収入が約束されている太陽光投資ですが、その期間を過ぎれば買取価格は保証されません。

どうするかとういと、売却価格を小売電気事業者とで取り決めることになります。

保証されていた時と同じ額で取り決めができれば良いのですが、それよりは低くなると予想する人も多い投資です。

現状、投資を始めて20年後に太陽光投資を続けているという例がないくらいです。

つまり、投資が続けられるのは20年間だけと考えた方が良いでしょう。

 

公式サイトはこちら

スマエネの口コミ

特に問題が起きていないので成功したと思っています。恐らく20年間で1,000万円ぐらいのプラスになります。
購入前の売電シミュレーションでは223万円4,200円/年でしたが、実際は233万6,300円/年でしたので、10万円以上上振れしています。リスクを理解した上で、気持ち的に許容できる状態にしてから購入することをオススメします。台風によって停電したことは元々は想定外でしたが、リスクを理解していれば「そういうこともある」という気持ちになれました。また、リスク分散の意味でも購入する物件のエリアは分散させた方がいいかなと思います。
公式サイト事例紹介より引用

 

利益が出ているので、太陽光投資が会社の事業として柱となった点ですね。
本業のメンテナンス事業・太陽光・不動産と3つの柱ができました。意外と見えない経費があることに注意してください。雷雨や台風などのあとは物件が故障していないか不安になるので、太陽光の物件を遠隔監視できるツールを使っています。あとは、あと定期的な草刈りも必要で、外部委託することになったらその分経費がかさみます。そのため、経費をちゃんと計算して、実質利回りがどれぐらいになるのかしっかり考えたら良いかと思います!
公式サイト事例紹介より引用

まとめ

スマエネは2020年4月現在2000件を超える物件を掲載しているため、投資先の選択肢が非常に豊富です。ウェブサイトの閲覧性も高く、物件のアクセスランキングなど便利なコンテンツが豊富に用意されています。

実質利回りを指定した検索も可能なので利便性が高いのです。中立な立場のプロのスタッフから無料でアドバイスを受けられる上、受付時間が長いので仕事終わりにも相談出来ます。

実際に投資したユーザーへのインタビューや太陽光投資に関するeBookのダウンロードなど、投資を進める上で参考になる情報も多数提供しているサイトです。無料相談会はウェブ参加出来る物があり、場所を選ばず個別相談が出来ます。

気になる方は公式ホームページをのぞいてみてくださいね。