長期投資に太陽光投資はいかが?太陽光投資リンクスについて紹介します

長期投資に太陽光投資はいかが?太陽光投資リンクスについて紹介します

将来へ向けてシングルインカムから脱却し、DUALインカムを目指したい…

でもどのような投資商品を選べばいいのかわからない…

不動産投資は少し信用ならない、とお考えのあなた。
今回は太陽光投資についてご紹介していきます。

太陽光リンクスとは

リンクスは太陽光発電投資を行ないたいオーナーと土地活用をしたい人や発電企業とを仲介しています。「太陽光発電の投資に関わる全てを繋ぐ」がモットーです。仲介業のメリットとして、全国から土地付き太陽光発電の情報が集まることがあげられます。希望条件にピッタリな物件がきっと見つかりますよ。

運営母体であるジャパンシナジーシステムは事業の一部として、産業用太陽光発電システムの企画設計、販売、施工、メンテナンス事業を行なっています。施工は提携工務店が行なう形のようです。

 

公式サイトはこちら

太陽光投資とは?

 

資産運用が必要かといわれると、ほとんどの人が必要と答えますが、 何をしたらいいか分からないという方が多いでしょう。

日本人に必要なのは、長期投資です。

不動産投資や株、FXなど様々な投資がありますが、今回は太陽光投資についてご紹介していきます。

 

太陽光発電投資の特長

①太陽光発電投資は 20 年間、 毎月ずっと同じ単価で発電全量を 電力会社が買い取ります=FIT法。

 

投資商品には必ず、リスクとリターンがあります。ところが太陽光 発電投資は発電さえしていれば安定した収入が得られます。
太陽光発電投資は、投資商品であるにも関わらず 20 年という長期 に渡り買取を国が保証する固定価格買取制度(FIT)が人気を支え ています。
2012 年度にこの制度が施行されて以来、投資に適した 条件を持つ低圧(10kW〜50kW 契約)太陽光発電が投資家の間で「ほぼリスクなし」商品として知られています。
FIT 期間の間に初期投資を回収し、回収後の売電収入はほとんどが手元に残るので、「太陽光発電投資にかかる初期費用はゼロ」という考え方もできます。

つまり、投資ではありますが投資元本は国が保証していくれているのです。

太陽光発電投資は、 「空室のないマンション」

 

太陽光発電投資は、俗に「空室のないマンション」と呼ばれたりも します。
不労所得として誰もが考えがちな不動産投資にもリスクが あります。その代表が ‘空室リスク’ です。
好立地であること、管 理会社をしっかり選ぶこと。この2点が回避策と言えますが、なかなか簡単ではありません。
他にも、家賃下落、家賃滞納、修繕、地 震、火災、倒産、不動産価値下落などのリスクがあります。

太陽光発電投資は、FIT 制度のおかげで、空室、家賃下落・滞納、価値下落などのリスクとは無縁と言えます。
20 年間という長期にわたる 安定性という点では他の投資商品の追随を許しません。

太陽がなくなるということは絶対にないですよね。

③他の投資商品より高い利回り

太陽光発電投資は、日光があたっている状態=発電中です。ほかに 燃料代はまったく必要ありません。太陽光パネル、パワコン、雑草 の処理…もちろん、常時きちんと発電するための管理は必要ですが、 急な出費というのはほとんどなくランニングコストとしては極めて低い経費で稼動できるので収支の安定という面ではバツグンです。

比較をすると、他のどんな投資商品より平均値として「安定した高利回り」が実現できるのは、メンテナンスにそれほど手間がかからないという特長に依るところも大きいと言えます。
すなわち遠方の物件でも気にする事なく投資対象として考えやすいというわけです。

太陽光リンクスの特徴

施工審査の基準と管理の精度が高い

九州・山口に100基以上の自社開発・管理実績があります。
施工に関しては100以上の厳しい社内チェックポイントがあり、 大雨による災害時にもすべて通常通りの稼働を続けています。

アセットマネジメント

リンクスは太陽光発電所のみではなくニーズに適した資産形成・資産運用ポートフォリオを作成するひとつとして太陽光発電投資を位置付けています。
そのため他の投資商品との組み合わせやメリット・デメリットを併せて説明してくれます。投資初心者でもとっかかりやすいのではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら

太陽光リンクスのメリットデメリット

メリット

 

太陽光発電所のオーナーに… 手続きは意外とカンタン!

 

太陽光発電投資をはじめる=太陽光発電所のオーナーになるには、 実はややこしい手続きはありません。
たとえば、初期投資に当てる手出しがゼロではじめようと思われたら、まず、目にとまった物件 の取扱事業社に連絡します。
あとは目的や希望をしっかり伝えて、 計画の提案を待ちます。
事業社の提携信販会社等にローンを申請、 通れば事業社と物件の完工や電力会社との連系の日程、メンテナン スや保証の内容を含めて詳細を決め契約。あとは任せるだけです。
投資というと慎重になる方も多いのですが、ほぼリスクのない FIT 認定物件は、徐々に少なくなっていくことも念頭に入れておきましょう。

デメリット

太陽が出なければ発電しない

 

太陽光発電投資は、太陽が出ている限り発電できますが、逆に言え ば ‘太陽が出なければ発電しない’、つまり収益が上がりません。 日没時間は予想できますが、天候の変化は人の力ではコントロール できません。
太陽光発電の設備が影響を受けるのは、地震と津波、 そして大雪です。
太陽光発電の設備は雨に降られるのは大丈夫です が、浸水してしまうと壊れてしまいます。
ごく稀に強風に飛ばされ 近隣に被害を与えることもあります。台風は毎年のことですが、影響はほんの数日のこと。

とはいえ、心配なら保険に入っておくこと を検討した方がよいでしょう。

まとめ

今まであまり太陽光投資について考えたことはなかったのではないでしょうか?

長期投資商品として、新しい選択肢の一つにいかがでしょうか。

元本が保証されているという点もとても魅力的ですね。