みんなの年収と暮らしの満足度を調査&大公開!

みんなの年収と暮らしの満足度を調査&大公開!

「目標だった年収1000万円に到達してもお金持ちという実感がわかない」という人が多い昨今ですが、中には「我が家は世帯年収700万円だけど充分幸せと感じている」という人もいるようです。 幸福の感じ方が人それぞれなのは当然です。 一体「年収が少ない世帯の方が幸せそうに暮らしている」というのはいったいどういったことなのでしょうか。

世帯年収、いちばん多い層はいくら?

世帯年収(手取り)について、もっとも近いものを選んでもらったところ、いちばん多かったのは500万円以上700万円未満の41.9%でしたが、次に多かったのは300万円以上500万円未満の34.3%で、差はわずかでした。

年間、いくら貯蓄している?

世帯での年間貯蓄額について、最も近いものを選んでもらったところ、いちばん多かったのは「50万円以上100万円未満」の20.7%、次が「10万円以上50万円未満」の18.7%、次に同じ15.2%で「100万円以上150万円未満」と「把握していない」が続きました。

今の暮らしに満足しているか?

今の暮らしに満足しているか?自分の気持ちに最も近いものを選んでもらったところ、いちばん多かったのは「まぁ満足している」の62.1%でした。

年収700万円は足りるor足りない?その理由とは?

年収(手取り)700万円以上の人に、今の収入が足りるか?足りないか?理由とともに聞いてみました。

●足りる派の意見
「足りなくならないようにお金を使っているので。」

「子どもが1人なので。」

「予算がオーバーして厳しいときもありますが、全体的にはカツカツの生活ではないと思うので。」

「足りなくはないけれど、贅沢をしてしまい、足りないと感じることはあります。」

「身の丈に合った暮らしをすれば足りると思う。」

「あればあるだけ使ってしまうけれど、わが家なりにいかに楽しく過ごすか?を考えながら暮らしているので、満足はしています。」

●足りない派の意見
「日々の暮らしには困っていないけど、もう少し旅行をしたいし、貯蓄や投資にも回したい。」

「子どもが3人いるので、教育費と老後を考えると、まだ足りないと感じる。」

「子ども2人が大学生になったので、学費などで余裕がないです。家の修繕も必要になってきて、赤字です。」

「自営業なので、労災に入れないし、保険料がかかるし、退職金もないので、その分お金がかかり、お金はあるように見えても、実際には自由に使えるお金は少ないです。」

「マンションを買ったばかりなので、住宅ローンが不安。生活のレベルを落としたくないです。」

「50歳までに住宅ローンの繰り上げ返済を完了したいから。」

「あればあるだけ、使いみちはあります。」

全て欲しいと思わない気持ち

背伸びしない人間関係

助成が受けられることも精神的にプラス?

「人は人」と思うからこそ感じられる幸福感?